格安SIMウォッチ|格安SIMの比較からおすすめ情報まで

格安SIMの失敗しない選び方や比較してお得なものを選んでいます。各会社利用者のナマの口コミや評判も集めました。

*

DMM mobileの基本スペックとキャンペーンを解説

      2015/07/05

DMMというとアダルトなイメージを持たれる方が多いと思いますが、FXや3Dプリンターの事業など色んな分野に進出しています。個人的には最近はアダルトというより先端分野ならどこでも顔を出す企業というイメージです。

dmm_lowestprice

DMM mobileのスペックとキャンペーンを解説

料金プラン

 無制限※1GB2GB3GB5GB7GB8GB10GB
データ専用SIM440円660円770円850円1,270円1,880円2,140円2,250円
通話対応SIM1,140円1,260円1,470円1,550円1,970円2,580円2,840円2,950円

とにかく料金プランの種類が多いです(笑)また、DMM mobileは各プランで業界最安値でやる!という意気込みなので、他社が値下げをすると対抗してさらに値下げをしてくれます。

最近新たに無制限プランが追加されました。無制限と言っても速度が200kbpsで固定されて、3日間で366MBを超えると速度制限される可能性があるタイプです。200kbpsで1日122MBを使うのは難しいと思いますが、一応制限の可能性があります。

プランが多いとどのプランを選んで良いか分からないと思われるかもしれませんが、まずは3GBプランから始めるのをおすすめします。ここを基準にしてしばらく使ってみて、使用量に応じてプラン変更をするのがベストだと思います。

データ専用SIMでSMSを利用する場合は月150円のSMS基本使用料がかかります。

家族でシェアするなら8GBか10GBプランがおすすめ

8GB以上のプランからSIMカードを最大2枚追加できます。(元の1枚と合わせて3枚が上限です)追加するSIMタイプによって料金が変わってきます。データ専用SIMなら料金そのままなのが嬉しいです。

 8GB10GB
データ専用SIM2,140円2,250円
通話対応SIM1枚2,840円2,950円
通話対応SIM2枚3,540円3,650円
通話対応SIM3枚4,240円4,350円

容量を使いきったらバーストモードか追加クーポンか

プランの上限までネットを使ってしまうと当然速度が200kbpsまで制限されてしまいます。DMM mobileでは制限時の救済措置として2つ選択肢があります。

バーストモード

DMM mobile完全オリジナルの技術としてバーストモードがあります。バーストモードでは速度は200kbpsのままですが、最初のページ読み込み時の数秒間だけ通常速度で処理を行います。もちろん動画は最初の数秒間がどれだけ速くても見続けることはできませんが、ニュースアプリやテキストサイトを閲覧する時に効果が発揮されます。

バーストモードは申し込みが不要でDMM mobileの仕様となっています。月が変わる間近で追加料金を払ってまでネットを使いたくないという人にとっては強い味方です。

追加クーポン

 100MB500MB1GB(1000MB)
料金200円1,000円2,000円

こちらは一般的な追加オプションです。バーストモードでは対応しきれない動画や画像を見る必要がある人は追加クーポンを利用しましょう。

ちなみに期間限定で500MBが600円、1GBが1,100円に値下げ中です。

キャンペーンはポイント還元

毎月の通信料金の10%がDMMポイントとして還元されます。DMMポイントの使い道としてはDMMサービス内での使用になりますが、特に動画や電子書籍を見ることが無いよっていう人にはDVDや漫画やゲームの通販での値引き使用がおすすめです。

dmmmobile_official

 - DMMmobile

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

dmmmobile
DMMモバイルを使用しています

今年の1月からDMMモバイルデータ通信1GBを使用しています。ドコモ回線のLTE …

dmmmobile
動画だけじゃないんだねDMM

近頃は携帯料金にすごい安いプランが増えてきましたね。 この間も友人との会話で「大 …